自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その16~レース編その5

time 2015/03/24

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その16~レース編その5

 

2015年3月8日,第1回久米島トライアスロン大会に参加してきた。

人生で初めてのトライアスロンは二度と経験出来ない。

何回かに分けて,思い出しながら,振り返ってみようと思う。

完全なる日記となるので,暇な方のみお付き合いいただければ幸いだ。

過去のエントリは以下からご覧いただきたい。

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その1~決意編

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その2~メンバー紹介編

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その3~買ったもの編

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その4~事前練習編その1

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その5~事前練習編その2

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その6~事前準備編

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その7~久米島入り編

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その8~レースまで編その1

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その9~レースまで編その2

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その10~レースまで編その3

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その11~レース当日の朝編

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その12~レース編その1

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その13~レース編その2

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その14~レース編その3

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その15~レース編その4

★★★★★★★★★★

ラストの直線は曲線だった

slooProImg_20150321223615.jpg

一番長い直線を泳ぎ切り,ブイを回って,陸に戻る直線へと入る。

かすかに人がたくさんいる様子が見えたので,そちらへ向かえば良い。

相変わらずゆっくりではあるが,少しずつ進む。

写真 2015-03-24 18 04 41

波はどんどん高くなっているようであった。

陸から見て「左前方から右後方へ」流れる波。

最後の直線では,泳いでる立場からすると「右後方から左前方へ」流れる波になる。

 

気付くと,周りに人がいなくなっていた。

コースを大きく外れていたのだ。

写真 2015-03-24 20 14 19

ブイをつなぐロープに沿って泳いでいるつもりが,

一向にブイもロープも見つからない。

 

焦った。

初めて家でお留守番をしたときのような,

不安で不安でどうしようもない

気分に襲われた。

なんとかロープに手が届くところまで進もうとするも,

押し寄せる波でなかなか進まない。

結局ロープに辿り着いたのは最後の直線の半分くらいの地点。

僕はまっすぐ進むことができず,曲線を描くように進んだのだった。

 

体内へ侵入してくる海水

僕は右呼吸だ。

右手を上げるときに,右側を向いて息継ぎをする。

最後の直線では,進行方向の右側から波が押し寄せる。

そう,僕が息継ぎをする方向だ。

ちょうど波が来たときに息継ぎをしてしまい,

思いっきり海水を飲み込んでしまった。

 

水を飲んだらやばい,と思っていたのだが,

あまりにも一瞬の出来事であり,

パニックになる暇もなかった。

時には左呼吸をしてみよう,と思う余裕すらあった。

 

とはいえ,プールと海でここまで違うなど想像していなかった。

どれだけ事前に海のこわさを聞いていたとしても,

実際に経験したことがなければその本当のこわさは分からない。

 

「知っている」

「できる」

の間には大きな壁があるのだ。

 

海のこわさを知っていることと,

それを克服して泳ぎ切れることはまるで別物。

 

どんどん激しくなる海で,僕は恐怖と戦いながら,

陸を目指し泳ぎ続けた。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

ノドの痛みも出てきました。

龍角散と気合いで治さないと。。。

今日は実力テストの後,生徒と焼肉打ち上げです!

 

ないすとぅみーとぅ!

 

« 次の記事 Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その17~レース編その6

前の記事 » Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その15~レース編その4

コメント

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031