自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

強すぎる薬は反動も大きい。

time 2015/01/28

 

昨日,高熱を抑える薬を処方されました。

39度あった熱も,朝には37度未満まで下がっており,午後から出社。

薬の力のすごさを改めて感じました。

 

効果が切れた途端,,,

夕方になると,だんだん頭が痛くなり,寒気が襲ってきました。

だましだまし働き,仕事後には軽い懇親会の予定もあったので参加しましたが,

その帰りは寒くてガタガタ震えていました。

 

効果が強い分,効果が切れたときの反動がものすごく大きかったのです。

 

火ではなく水のように

何かセミナーを受けたり本を読んだりして,

テンションが上がった経験のある人もいるでしょう。

「やったるで~~!!」

「億万長者にオレはなる!!」

でも,次の日にはもうそんなことはすっかり忘れている。

火は,燃えるときは一瞬で広がりますが,

消えるときも一瞬です。

効果の強い薬のようです。

 

盛り上がらず,水のように穏やかに緩やかに進んでいく方が,

良い結果につながるでしょう。

風邪も,本当は薬に頼らず,

自力でゆっくり治す方が良いのでしょうね。

 

★★★★★★★★★★

【編集後記】

チームの懇親会は銀座の火鍋。

おいしかったけど体調万全の時に来たかったです。

 

ないすとぅみーとぅ!

 

« 次の記事 たまにはkazeでもひきましょ。

前の記事 » 29歳の誕生日に39度の熱が出た理由。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031