自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

成長したいなら負荷をかけ続けるべし。

time 2015/01/17

 

インドで1年間働いていた友人トミーが帰国したので,

いろいろと話を聞いてきました。

 

どうしてトミーは成長したか

1年間のインド生活を終えたトミーは,

心も体も一回り大きくなって帰ってきました。

(正確には体は日本に帰ってきてからですが)

僕も昨年トミーに会うためインドに行きましたが,

正直トラウマになっています。

 

日本語は使えない,空気も悪いし騒音もひどい,

水も飲めないトイレも汚い流れない。

そんな劣悪な環境ですから,日本にいるときと同じようには働けません。

でも,だからこそ,成長出来たと彼は言います。

 

「自分の力が70%しか発揮出来ない環境下で働き続けたことが成長につながった」

 

まあ,超がつくほど有名な会社で働くエリートなので,

彼にとって70%の実力でも僕の7000%くらいなのですが。。。

 

負荷をかけねば成長なし

悟空とクリリンが亀の甲羅を背負ってトレーニングしたのはどうしてでしょうか。

もちろん成長するため,強くなるためです。

負荷を感じる状態で過ごさないと,人は成長しません。

逆に,負荷がかかった状態を継続出来れば間違いなく成長します。

 

 

普通の人間は,100%の実力が発揮出来る環境下では

100%の実力を発揮出来ません。

どうしても手を抜いてしまうのです。

100%と思っていても,実は80%とか90%なんです。

でも,そもそも70%の実力しか発揮出来ない環境であればどうでしょうか。

それこそ全力を尽くすはずです。

手を抜くどころか,150%くらい猛烈にやるでしょう。

その結果,通常時よりも遥かに高いエネルギーを使います。

それが成長なのです。

 

バイキルトの前にマヌーサを

バイキルトは好きな呪文トップ5に入ります。

攻撃力が2倍になり,サクサク敵を倒せるから気持ちいいんです。

でも,バイキルトを覚えるためには

マヌーサがかかった状態(=前が見えない状態)で

手探りで突き進む経験が必要です。

 

自分で自分にマヌーサをかけ続けましょう。

僕も成長したいから,マヌーサをかけて,

まったく泳げないくせにトライアスロンに挑戦しようとしているのです。

 

 

最近負荷を感じていることはありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

亀の甲羅背負ってトレーニングしたら間違いなく職質されますけどね

 

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日はとあるトレーニングの会に参加します。

その名も,

「マチョメン’s ブートキャンプ」

たっぷり負荷をかけてきます。

 

ないすとぅみーとぅ!

 

« 次の記事 負荷をかけること≠やることを闇雲に増やすこと

前の記事 » 早起きのためのキーは「報告」することだと思う。

コメント

  • […] ← 成長したいなら負荷をかけ続けるべし。 […]

    by 負荷をかけること≠やることを闇雲に増やすこと | 日記 | ザッキーニッキ。 €2015年1月18日 9:27 AM

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031