自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その9

time 2014/10/10

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その9

 

これは,僕が人生で初めてインドはムンバイを旅したときの記録である。

過去のエントリは以下から。

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その1

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その2

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その3

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その4

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その5

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その6

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その7

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その8

 

※主な登場人物

 

トミー帝:某外資系コンサルにて働くスーパーエリート。インドはムンバイへ赴任中。仕事でロジカルなのは当たり前だがプライベートでもついロジカルな面が出てしまい,なかなか良い相手が見つからないらしい。

 

AKB帝(羅帝):スーパー保険家。85kgの巨体ながらフルマラソン4時間切り,100kmウルトラマラソン2回完走,アイアンマンレース完走のすべてを,ランを始めてから1年以内に達成する強者。その文章力は圧巻。

 

マッチ帝:某ベンチャー企業のスーパー副社長。社内では神と呼ばれている。実力がありすぎてなんでも自分で出来てしまうため,いまは後継者の育成が課題。と本人は主張しているが,本当はしゃべりすぎて誰も話を遮れないだけとの噂も。

 

 

 

全員が私よりも年長者であり,人生の先輩として,またビジネスパーソンとして心から尊敬していることは言うまでもない。

 

※※※※※

 

おそるべしマッチ

意識を失っている間に,気付くとマッチが到着していた。

むしろ,マッチの騒々しさに目が覚めた。

写真 2014-09-19 20 25 24

なんと,まだ出会って2分そこそこのマッチとクマールが

完全に打ち解けあっている。

と思ったが,マッチの一方的なマシンガントークであった。

写真からも,マッチがガンガン攻め込んでいるのが分かる。

クマールは,「構わないでくれ」とばかりに

携帯をいじっていた。

 

とはいえ,半日一緒にいた僕がクマールと話した以上の会話を,

マッチはたった2分でやってのけたのだ。

マッチにとっても初めてのインドであるはずなのだが,

まったくそれを感じさせない。

英語が伝わるとか伝わらないとか,

そんなことは関係なしにしゃべりまくる。

AKBやトミーに比べたら,マッチは決して英語が堪能とは言えない。

しかし,マッチにはハートがある。

 

 

熱いハートを燃やして,魂で語っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

マッチだけに。

 

 

 

 

タージマハルホテルにて

GODWINホテルのすぐそばに,

タタグループが所有するというタージマハルホテルがある。

アラビア海が一望出来る,高級ホテルだ。

ここのバーにて,トミーの仕事終わりを待つ。

トミーが来れば,ついに全員集合だ。

この間,会話の割合はこうだった。

 

WS000043

相変わらず僕は影響力を発揮することなく,

分かっていないのにうなずくという,

「分かったフリ作戦」をひたすら敢行していた。

 

しばらくして,仕事を終えたトミーが到着した。

エンペラー4人がここに集結したのである。

写真 2014-10-10 9 00 24

 

 

 

 

 

1人めっちゃ浮きすぎなやつ紛れてますけど

 

 

 

 

さて,トミーが合流し,会話の割合はこう変化した。

 

WS000045

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マッチ増えとるがな

 

 

 

そう,時間が経てば経つほど,マッチがどんどん勢いを増してきたのだ。

もうこうなると誰も彼を止められない。

 

マッチという漢

マッチはエンペラーの中でおそらくもっとも多忙を極めている。

 

過去に日本で開催したエンペラーの会も,

20時からスタートしているのだが22時過ぎになって

「今から向かいます」

というKY発言をしてきたり,

「次は恵比寿から徒歩20分のセルリアンタワーでやりましょう!」

といって職場すぐそばの渋谷セルリアンで開催したり。

とにかく仕事に全力投球なのだ。

その上,本を毎日2冊読んでいると言うから驚きだ。

 

彼くらいハードに働く覚悟がなければ,

決して経営者にはなれないし,なってはいけないのだ。

そんなことをリアルに感じさせてくれる存在が身近にいることは

とても幸せなことだ。

これはインドの道中で改めて感じたこと。

あとはブログをちゃんと書いてくれれば完璧なのだが,

多忙すぎるため更新が滞りがちである。

(マッチ先輩!期待してます!)

 

しばらく談笑したあと,クマールと別れる。

マッチのお腹もぺこぺこで,そろそろ夕食の時間が迫っていたのだが,

AKBと僕はまだランチがたっぷりお腹に残っていたので

エンペラー4人で市場を見て回ることにした。

 

 

 

続く。

 

ないすとぅみーとぅ!

« 次の記事 生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その10

前の記事 » 生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その8

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2014年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031