自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その8

time 2014/10/09

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その8

 

これは,僕が人生で初めてインドはムンバイを旅したときの記録である。

過去のエントリは以下から。

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その1

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その2

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その3

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その4

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その5

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その6

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その7

 

※主な登場人物

 

トミー帝:某外資系コンサルにて働くスーパーエリート。インドはムンバイへ赴任中。仕事でロジカルなのは当たり前だがプライベートでもついロジカルな面が出てしまい,なかなか良い相手が見つからないらしい。

 

AKB帝(羅帝):スーパー保険家。85kgの巨体ながらフルマラソン4時間切り,100kmウルトラマラソン2回完走,アイアンマンレース完走のすべてを,ランを始めてから1年以内に達成する強者。その文章力は圧巻。

 

マッチ帝:某ベンチャー企業のスーパー副社長。社内では神と呼ばれている。実力がありすぎてなんでも自分で出来てしまうため,いまは後継者の育成が課題。と本人は主張しているが,本当はしゃべりすぎて誰も話を遮れないだけとの噂も。

 

 

 

全員が私よりも年長者であり,人生の先輩として,またビジネスパーソンとして心から尊敬していることは言うまでもない。

 

※※※※※

 

エレファンタ島に到着。

船着き場を降り,そこからほんの数百メートルだが,

列車にも乗って移動出来る。

(ただしお金がかかる)

写真 2014-09-19 15 21 07

 

我々はもちろん徒歩で向かう。

 

しばらく歩いた後は,石窟までけっこうな上り坂。

両脇には路面店が並ぶ。

写真 2014-09-19 15 35 07

 

執拗な声がけにあうかとビクビクしていたのだが,決してそんなことはなかった。

案外,イイ奴らだ。日本人(アジア人)は興味を示さない,と諦めていたのかもしれない。

 

石窟のなかを案内してくれたのは見るからに優しそうなお姉さん。

写真 2014-09-19 16 24 41

案内に慣れているようで,使う単語や話し方もとっても易しく,

僕でもいくらかは聞き取れた。

とはいえ,なんとなくでも聞き取れたのが2割くらいなので,

ところどころはAKBに通訳してもらいながら。

写真 2014-09-19 16 22 43

 

以下,多分に間違っている部分もあると思われるが,

観光時の写真とメモだ。

 

 

インドには3000の神がいる。

地域によって信じる神が違う。

ここはシヴァ神の信仰が強いところ。

引っ越しして別の神を崇めることになっても問題なし。

 

 

アングリーシヴァ

マドハンドみたいに血で増えるやつを倒すシヴァ。

とにかく怒っている。

右手には剣。

写真 2014-09-19 16 17 35

確かに怒っているようにみえる。

 

マリーシヴァ

結婚したシヴァ。

この時点では,奥さんは左側にいる。

奥さんの名前はパルヴァティ。

写真 2014-09-19 16 17 52

 

プロブレムシヴァ

今度は奥さんの位置が右にきている。

これは,シバの左胸ポケットからお金を取り出し使うため。

使っていいものを食べ過ぎて,結婚時よりいささか太ってしまった。

シバの頭の上にはガンジスの女。

写真 2014-09-19 16 18 16いつの時代も,どこの国でも,

男女の色恋沙汰は絶えないものだ。

 

3つのシヴァ

右から、花、フルーツ、蛇。

それぞれ、創造(クリエイティブ)、平和(ピース)、破壊(ディストラクション)

を表しているという。

写真 2014-09-19 16 19 45

 

フィフティーフィフティーシヴァ

左が男,右が女。

男と女は半々がいい。

どちらかが上でどちらかが下ではないのだ。

写真 2014-09-19 16 20 46

 

ゲームに負けて泣いてる嫁に牛をあげてるシヴァ。

写真 2014-09-19 16 21 25

 

おなじみガネーシャ

シヴァとパルバディの間に出来た息子のガネーシャ。

写真 2014-09-19 16 12 17

夢をかなえるゾウでおなじみだ。

 

 

シヴァ神に関するさまざまな話を聞き,

石窟をあとにする。

 

ちなみにこのあたり,そこら中にサル,犬,猫がうろうろしている。

正直,うろうろしている犬には終始びびりっぱなしだったが,

まったくもって襲ってくる気配はない。

写真 2014-09-19 16 39 18

というか,食べるものももらえず,衰弱している犬がほとんどだった。

そばを通っても,そばに座っても,我関せず。

 

2時間ほどの滞在でエレファンタ島を後にした。

帰りのフェリーでは2階の席に座り,心地よい風を受けながら。

AKBは熟睡。

写真 2014-09-19 17 52 34なんともかわいい手の感じ。

 

インドでは日常?

ムンバイに戻り,ランチタイム。

遅めのランチだったが,行列で15分ほど待つ。人気のカレー屋さんだ。

写真 2014-09-19 18 02 44

ここのカレーもものすごく美味しかった。

実は,カレーは僕の最も好きな食べ物である。

写真 2014-09-19 18 25 43

この写真の手前の米がものすごい量で,残してしまった。

クマールがその残った米をもらっていた。

家で後で食べるのか,倹約家なんだなあと思っていたら,

外にいた物乞い少女に渡していた。

 

自然。

あまりにも自然すぎる行為。

まるで白鳳がスッと立ってスッとまわしを取ってスッと上手投げをするかのような,

流れるような一瞬の出来事。

 

あまりにも自然すぎて一瞬何が起こったのか理解出来なかった。

 

持つ者と持たざる者,富む者と富まざる者の違い。

これがインドでは日常なのだろうか。

 

マッチを待つ・・・ZZZ

いったんホテルへと向かい,遅れてきた漢,マッチを待つ。

お腹が一杯になった僕は気付くとロビーで寝てしまっていた。

やはり,インドの地が心身に与える影響は計り知れない。

日本にいるときの2倍くらいの睡眠を必要としていた。



 

いよいよやってくる。

 

頭の回転より口の回転が速い漢,マッチが。

 

続く。

 

 

ないすとぅみーとぅ!

« 次の記事 生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その9

前の記事 » 生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その7

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2014年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031