自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その3

time 2014/10/04

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その3

 

これは,僕が人生で初めてインドはムンバイを旅したときの記録である。

過去のエントリは以下から。

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その1

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その2

 

※主な登場人物

 

トミー帝:某外資系コンサルにて働くスーパーエリート。インドはムンバイへ赴任中。仕事でロジカルなのは当たり前だがプライベートでもついロジカルな面が出てしまい,なかなか良い相手が見つからないらしい。

 

AKB帝(羅帝):スーパー保険家。85kgの巨体ながらフルマラソン4時間切り,100kmウルトラマラソン2回完走,アイアンマンレース完走のすべてを,ランを始めてから1年以内に達成する強者。その文章力は圧巻。

 

マッチ帝:某ベンチャー企業のスーパー副社長。社内では神と呼ばれている。実力がありすぎてなんでも自分で出来てしまうため,いまは後継者の育成が課題。と本人は主張しているが,本当はしゃべりすぎて誰も話を遮れないだけとの噂も。

 

 

 

全員が私よりも年長者であり,人生の先輩として,またビジネスパーソンとして心から尊敬していることは言うまでもない。

 

※※※※※

 

大事な忘れ物

成田空港に着いたとき,パスポート,ビザの次に必要であろうと思われるものを忘れたことに気が付いた。

写真 2014-09-18 9 00 44

ストッパだ。

インドではとにかく必ずお腹を壊すらしいので,

1人だけ部屋にこもることにならないよう,空港で購入しておいた。

幸い,使うことなく旅を終えたが,ストッパを持っているという安心感のおかげかもしれない。

 

何か悪いことの起こる可能性が極めて低かったとしても,

起こってしまったときのために備えをしておくことで,

通常時のパフォーマンスを高めることが出来る。

万が一の保険があることで,思い切った行動を取れるからであろう。

 

もしもピッチャーがチームに自分1人しかいなかったら,

松坂もダルビッシュも田中まーくんも,あれだけの成績を出すことは出来ないはずだ。

自分が潰れても中継ぎや抑えの選手がいる,という安心感があることで,

思い切って投げることが出来る。

 

はらごしらえ

 

写真 2014-09-18 9 16 11

あまりにも不安すぎたため,成田空港に早く着きすぎた。

ぶらぶらしていると,中華料理屋が目に留まり,おもわず入ってしまう。

インド前に日本で最後に食べたのが,このマーラー刀削麺だ。

うまかった。でも,辛かった。

これから辛いカレーばかり食べることになるはずなのに。

 

3年連続第1位の理由を知る

今回の旅は,シンガポール航空。

3年連続満足度ナンバーワンの飛行機だ。

せっかくなので,この便で往復することに決めた。

写真 2014-09-18 18 15 32

まず最初におしぼりが配られる。初めての経験だ。

もしかしたら他の航空会社でも国際線なら配っているのかもしれないがすっかり記憶にない。

さすが世界一,と飛行機が飛ぶ前にすでに感動を覚えていた。

さらに,機内はとても設備が整っていた。

写真 2014-09-18 10 46 55最初の目の前の画面。なんて美人なんだ。

 

写真 2014-09-18 10 52 36充電完備。

 

写真 2014-09-18 10 52 54ついいじりたくなるコントローラー。

このボタンの色使いはスーパーファミコンを思い出させてくれる。

(というか任天堂製?)

 

写真 2014-09-18 10 49 54ふかふか枕。

 

写真 2014-09-18 10 50 05かなり大きい毛布。機内はけっこう寒く,とても役立った。

トミーの事前のアドバイスもあり,長袖シャツも持ってきていたが,

もし持ってきていなければインドに着く前に腹痛になっていたかもしれない。

 

写真 2014-09-18 10 51 30映画の種類も豊富。これなら楽しい旅が出来る。

 

 

え,えいごが,,,

機内では,基本は英語。ただ日本からの便であるため,日本語でのアナウンスもある。

 

さあ,いよいよ機内食。果たして僕の耳はどれだけ対応出来るであろうか。

CAさんから英語で,どちらの料理が良いか聞かれる。(正確に表現するならば「聞かれていたはず」)

 

だが,,,,案の定さっぱりであった。

唯一聞き取れた単語は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「パスタ」

 

 

 

だった。写真 2014-09-18 13 11 32

美味しかった。

 

※※※

行きの飛行機は概ね寝てしまったように思う。

インドで影響力を発揮すべくこんなものを読んだりもしていたのだが,

写真 2014-09-18 12 26 27

このあと,影響力どころか存在感すら出せなくなるとは,

このときの僕は知る由もない。

 

テルマエロマエ2を観終えたころ,シンガポールに着いた。

上戸彩はなんてかわいいのだろう。これでも僕は彼女と同い年である。

ちなみに同い年には宮﨑あおいや相武紗季,ゴマキもいる。ゴールデンエイジだ。

 

※※※

乗り換えできるかも不安要素の1つだった。

何せ英語がほとんど読めない。

シンガポール空港にはターミナルが3つあり,

ターミナルを結ぶ電車を乗り継いで別のターミナルへ移動する。

なんとか必死で看板を読み込み,出発ターミナルまで移動出来た。

 

ここまで日本から7時間ほどで行けるので今度はシンガポールにも訪れてみたい。

写真 2014-09-18 18 29 11シンガポール空港の謎のカップ。初めて日本に送った画像はこれだ。

送られた当人にとっては非常に迷惑だっただろう。

写真 2014-09-18 18 29 21出発までの2時間ほどの待ち時間を,地球の歩き方を読みながら過ごし,

無事にムンバイ行きに乗り換え,ここから5時間ほど。

もう少しでムンバイに着く。

 

※※※

ムンバイ行きでも機内食には困った。

英語がまったく聞き取れないのだ。

唯一聞き取れた単語は

 

 

 

 

 

 

 

 

「カリー」

 

 

 

 

 

 

だった。

写真 2014-09-18 21 52 30

美味しかった。

 

 

続く。

 

複利のような逓増人生を歩みましょう!

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2014年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031