自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

28歳で初めて1000円カットに行った話の続き。

time 2014/09/12

 

午前11時前頃に行きました。

男の店員さんが3人。施術中のお客さんが1人。

待ち時間はゼロです。

そして,券売機システム!事前の下調べで知っていましたが,1000円を入れそのあと100円を入れたはずがうまくいかず。

店員さんにフォローしてもらってやっと買えました。

なぜかびびって焦ってしまいましたね。。。

 

すぐに席に案内され,財布を目の前にあったトレイのようなものに置くと,

「これにハサミ置くんで~,自分で持ってていただけますか?」

と先制パンチを食らう。確かに私が悪いです。失礼しました。

 

その後,「どうしますか~?」と,ちょっとだるそうな感じで聞かれました。

だるそうな対応に屈することなく,「こんな感じで」と下調べしておいたオシャレボウズの写真をみせるものの,,,

これメッチャ短いすよ?いいんすか?

 

と言われる始末。う~ん,確かに攻めすぎか,と思い直し,少し長めでお願いしました。

きちんと意見を言ってくれるのは助かりました。さすがにプロですね。

確かに切り終えた今では,これでも十分短い!と思うレベルなので本当にナイスアドバイスです。

 

そのあとは,淡々と施術が進みます。

会話は,

 

 

 

 

 

 

 

っさいありません。黙々と切ります。

目をつむってしばらくすると,終了。

鏡を持ってきて,

「こんな感じです~,大丈夫ですか?」

はい,ありがとうございます!!!

 

うん,思っていたよりも良かった。と個人的には思ったのです。

 

「じゃあ髪の毛吸い取っていきますね~」

キタ!髪の毛吸い取りシステム!!!

天井から出ているホースのようなものを髪の毛に当ててドライヤーのように動かし,

毛を吸いまくります。

これがけっこう気持ちいい。

もちろん,しっかりシャンプーをしてもらってマッサージもしてもらう方が気持ちいいのは間違いないんですが,これはこれで新鮮です。

最後に襟足を整えてもらって終了です。

 

かかった時間は,

最初に1分

カット5~6分

吸い取り2分

仕上げ1分

 

本当に10分で終わりました。

髪型についてもそれなりに注文出来そうなので,個人的にアリかナシかと言ったら「アリ」です。

 

なぜ1000円で儲かるのか

案外高い技術力

1000円カットは,「カット」について高度に専門化しています。10分でひたすら回転させるわけですから,カットの腕はそれなりにあるわけですね。

それがリピートを生んでいるのでしょう。

コスト削減

一般的にはこちらがメインに言われていると思います。シャンプーなしマッサージなしワックスなし。内装にも凝る必要はありません。

最低限の設備(と髪を吸い取る機器)があれば良いのでコストがグッと抑えられているはずです。

変動費はほぼゼロと考えられます。大きいコストは人件費,家賃くらいではないでしょうか。

回転の多さ

1人当たりの売上は1000円でも,たとえば1時間で5人の施術をすれば美容院と大して変わらない売上になります。たくさん回して人件費と家賃分の売上が出れば,あとはチャリンチャリンです。

 

 

個人的になんだかんだでコアとなっているのは1つ目なのではないかと,実際行ってみて感じました。

もし未体験の方がいらっしゃいましたら,いちどお試しあれ。

 

複利のような逓増人生を歩みましょう!

« 次の記事 自戒の話。

前の記事 » 28歳で初めて1000円カットに行った話。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930