自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

仕事が舞い込む人がやっている,些細だけどとても大事なこと。

time 2014/08/31

 

「デキル人 」

の定義は人それぞれだと思いますし,感覚的な部分もあるでしょう。

私のなかでの「デキル人」という1つのモノサシは,

「プラスの痕跡を残そうとしているか」

ということ。

その結果として,「デキル人」にはたくさんの仕事が舞い込んで来ます。

 

意識的か無意識的かは分かりませんが、「デキル人」は必ず相手に何かを残そうとしています。

少しでも相手に貢献できないか。

どういったことに相手は悩んでいるのか。

そういったことに気を遣っています。

 

1の要望に対して0.8で返すなどはもってのほかですが,1で返すのは当たり前。

1.1でも,1.2でもいいから,少しでも上乗せしてお返しをする。

相手の期待を超えることで,「またこの人にお願いしたい」となるのでしょう。

 

仕事が舞い込む

その仕事に上乗せしてお返しする

それ以上の仕事が舞い込む

その仕事に上乗せしてお返しする

 

の無限ループで,どんどん仕事を任せてもらえるようになるのです。

 

ほんのちょっとの上乗せ。

少しでもプラスでお返しする。

仕事でもプライベートでも,意識したいです。

 

複利のような逓増人生を歩みましょう!

« 次の記事 集中したいなら予定をどんどん入れてしまおう。

前の記事 » 逆境をエネルギーに。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2014年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031