自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

ヒットを増やすよりまずはエラーを減らすことから。

time 2014/08/19

 

甲子園が盛り上がっています。

 

山形中央vs東海大四の試合を何気なく眺めていました。

 

0-0と緊迫したムードで迎えた延長10回表に山形中央が2点を奪ってそのまま勝利したわけですが,

東海大四の4つのエラーがなければ結果は違っていたでしょう。

 

当たり前のことを当たり前にこなすこと

なんてことのないプレーでした。

おそらく普段は起こらないようなミスです。

ベース間の距離のキャッチボールが出来れば問題なかったはずです。

 

ああ,エラーってこわいなと。

一瞬にして試合を決めてしまうんです。

 

逆に山形中央はエラーをせず無失点で終えたわけです。

打線が爆発したわけではありません。

相手のエラーで点数をとり,それを守りきっただけで勝ったのです。

(もちろん無失点はすごいことです)

 

当たり前のことを当たり前にこなしていればエラーは起こらず,勝てたかもしれないのです。

これは日常でも言えるのではないでしょうか。

知らず知らずのうちにエラーを積み重ねているかもしれません。

 

 

ここで言うエラーをしないこととは,何も新しいことにチャレンジしないこと,ではありません。

新しいことにはしっかりチャレンジしていくべきでしょう。

それと同時にエラーを減らす努力もしていったほうがより良いです。

 

特に新しくないこと,慣れていること,自分にとって当たり前のことを当たり前のように行うこと。

これだけでもずいぶん人生はうまく回っていくような気がします。

たとえば,「時間がない」というエラー。

これも突き詰めれば日常生活から生まれたエラーの1つと言えるでしょう。

時間がないと嘆く前に,まずは週に一度の二度寝をなくしてみる。

それだけで1週間に2時間くらい余剰時間が生まれます。

2時間あれば本1冊が読めますよね。

ランニングもできますし買い物にもいけるでしょう。

 

二度寝以外にも,探せばたくさんのエラーが見つかるはずです。

特に毎日起こるルーティンなこと。ここにエラーがあるとその損失は計りしれません。

寝る,起きる,歯を磨く,顔を洗う,インターネット,通勤,読書,運動,スマホなど,毎日の行動の中にエラーはないだろうかと自問してみてはいかがでしょうか。

 

 

複利のような逓増人生を歩みましょう!

« 次の記事 一生懸命やってもエラーはある。エラーした後にカバーできる人間になろう。

前の記事 » changeのために,newstartよりまずはstop。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2014年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031