自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

外に出ることで変えられることがある。

time 2014/03/27

外に出ることで変えられることがある。

 

4時に起きるのが当たり前と思っている人にとっては,「4時起きってすごいですね~」と言われても,ピンとこないものです。

138

 

同様に,「年収1億円!?すごいですね~!」と言っても,おそらく当の本人は「え?別に普通ですが何か!?」と困惑するに違いありません。その人にとっては年収1億円が普通だからです。

もしなりたい姿,ありたい姿,理想とする姿があるのなら,その状態を普通にする必要があるでしょう。

逆に言えば,その状態を普通と感じられない人にはその水準は見合わないことになり,その水準に達することはできないはずです。

 

魚にとっては海をスイスイ泳ぐのは「普通」であり,Jリーガーにとってはリフティングを続けるのは「普通」であり,ランナーにとっては走ることは「普通」であり,狂った人にとってアイアンマンレースは「普通」なのです。

 

 

みなさんにとっての日常,それは「普通」ですよね!?その生活をずっとずっと繰り返しているから普通になっているのです。実家にいる頃を思い出してみれば,朝起きたら朝食が出てきて,夜帰ったらお風呂が沸いていて。それが普通だと思っていたはずです。

 

でも,それが実は普通ではないということに,一人暮らしをして初めて気付きます。

俺はなんて狭い世界で生きていたんだろう,と情けなくなります。

新しい世界を見て,今度は自分もその世界で生きていきたくなる。

その新しい世界にいる時間を増やしていくことで,やがてその世界が「普通」になる。

きっとこんなプロセスなのだと思います。

 

今の生活に嫌気がさしているならば,別の世界を普通にしなければなりません。

まずそのきっかけとしては,外の世界に出て行くことです。

ずっと実家暮らしでは,一人暮らしの良さは分からないはずです。

 

そして,その新しい世界に居続けること。そうすることでその世界が普通になるわけです。

 

外に出て→外に居続ける。

これが,自分を変える一つの道なのかなと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【編集後記】

年度末,だいぶやることが多いですが,その分集中出来ている気がします。

やっぱり,人って追い込まれないと出来ない生き物なのでしょうね。

自分で自分を追い込む仕組みを構築すれば,いつでもどこでも成果を出せそうな気がしてきました。

【1日1挑】

・新宿三丁目駅を利用

 

« 次の記事 普通の人が普通じゃない結果を出すために。

前の記事 » 身体知化してしまうことほどラクなことはない。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2014年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31