自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

こんな風に本を読めば身に付かないわけがない。その読み方とは。

time 2014/03/07

こんな風に本を読めば身に付かないわけがない。その読み方とは。

 

いろんな本を読んでいると,良く出てくるフレーズがあることに気付きました。

C785_tumikasanattayousyo500

それは

「貪るように本を読んだ」

 

貪る:1.飽きることなくほしがる。また、際限なくある行為を続ける。2.がつがつ食べる。(コトバンクより)

 

貪るように本を読んだということは,飽きることなく,際限なく読書を続けたということですね。

巷には,さまざまな読書法が存在しています。

 

速読

積読

乱読

併読

並読

精読

熟読

音読

 

などなど。

読書法はさまざま存在しますが,それらはすべて方法論にしかすぎません。

読書のための方法論がまったく不要と言うつもりはありませんが,結局の所,どれだけ読書に没頭出来るかどうか。これが,読書した内容を自分のものにし,実生活に活かせるかどうかのポイントとなるでしょう。

それは言い換えれば夢中で本を読めるかどうか。

 

読まねばならない!とか読むべき!と思って読むのではなく,「読みたいぃぃぃぃぃぃ!」と思って読んでいるか。

「ねばならないべき病」にかかっていないか。

最近いろいろ読んでいるものの,ねばならないべき病になっている自分への自戒も込めて。 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【編集後記】

ランチMTG,ものすごく意義がありますね。

人と会うということで,こんなにもいろいろアイデアが浮かぶものでしょうか 。

【1日1挑】

・コロラド

・鶏匠庵

 

« 次の記事 コワイコワイ思い込みの話。

前の記事 » 日本が誇るヒップホップアーティストの武道館ライブでの名言【AK-69】

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2014年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31