自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

【Vol.275】商売をする上での要諦。

time 2013/08/24

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

楽しんごがプロデュースしている焼肉店が閉店するそうです。

売れば売るほど赤字になってしまう状況だから,ということみたいですね。

 

直接的な経営を,楽しんご自身が行っていたかどうかは分かりません。が、仮にそうだったとすると、会社経営を分からない人が経営をしても、うまくいかないんだな、と感じました。

 

私自身,本物の会社経営をしたことがないのですが,個人的には商売をする上での要諦は,ズバリ「値決め」だと考えています。

価格は利益の源泉ですので,安ければ良いというものではありません。

かといって高すぎてもお客が来ない。

適切な価格設定,これが大切だと思います。

私はこの感覚を,経営を疑似体験できるMGで学んでいます。

売れば売るほど赤字というのは,P(販売価格)<V(材料費)となっている状態。

食べ放題の肉の原価が高かったのか,想定よりもお客さんが食べまくったのか。。。

 

ゆうこりん→楽しんご

ときて,次は誰のお店が入るのでしょうかねえ。

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございます。

複利のような人生を。

 

« 次の記事 【Vol.276】コーヒーよりも苦い思い出。

前の記事 » 【Vol.274】ロケットが打ち上がらなかったのは失敗なのか。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2013年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031