自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

【Vol.224】社長と社員の意識の差。

time 2013/07/04

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

あらゆる事象を自分ゴトと捉えられる人,それは社長ではないでしょうか。

MGにやってくる社長さんはそれこそ会社の経営を少しでも良くしなければならないので,必死です。吸収力も全然違うでしょう。

一方,自分ゴトと捉えられない,他人ゴトとしか捉えられない人は,社員さん。何か起きても自分には関係ないや~,会社の売上が下がっても関係ないや~と,まるで他人ゴト。

この差はとてもとても大きい。天と地,月とスッポン,ゴクウとチャオズ,流川と木暮。

社長はすべて自分事ゴトとして捉えられる。捉えないと自分自身のお金に関わり,ひいては生命に関わるから。そういう意味では中小企業の社員さんであれば社長さんに近い意識を持つことが出来るでしょうね。会社と運命共同体という意識が強いでしょうからね。

それに比べると大企業の一般社員は自分ゴト意識の低い人が多いように思います。

(かくいう私がまさにそう汗)

先日のMGにてとある社長さんが,なんでこんな展開になったか考えろ!と一緒に参加した社員さんに強く言っていました。常に自分ゴトとして捉えている,常に考えている。

この意識の差が日々積み重なっていったら,どれほどのものになってしまうでしょう。

どんなときも,どんなことが起きても,すべて自分ゴトとして捉えられるようになりたいものです。

そのためには社長の体験ができるMGはとても役立ちそう!

最後までお読みいただき本当にありがとうございます。

複利のような人生を。

 

« 次の記事 【Vol.225】相手を動かすことを考えてみる。

前の記事 » 【Vol.223】大人になってからも主体性や自主性を伸ばす方法。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031