自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

【Vol.198】ゼロサムゲームに参加しない。

time 2013/06/08

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

株価の乱高下が止まりませんね。ついこの間まで15000円あった日経平均株価も,気付けば13000円割れ。外国人投資家の影響が大きいようです。

 

ドル円為替相場も,ここ数日円高傾向にありましたが,アメリカ雇用統計の発表を受け一時的に94円台の円高になったあと,急激な円安となり97円台に戻るという動きとなりました。

株価や為替の乱高下に一喜一憂している方もたくさんいらっしゃるでしょうし,実際に損をしてしまった人もたくさんいると思います。

基本的に,株の売買や為替はゼロサムゲームです。すなわち,得をした人の裏には損をした人がいるということです。株式については,もし仮に永遠に企業が成長し続け,株価も上昇し続けるというのであればそうはならないでしょう。100で株を買った人が200で売る→200で買った人が300で売る→300で買った人が400で売る→400で買った人が・・・と永遠に繰り返すのであれば,みんながハッピーですよね(手数料等は考慮外とします)。でも,現実にこれは考えにくいわけです。500で買った人が,急な株価の下落で200で売る羽目になったりするのです。そうすると,得をしている誰かの裏には損をしている誰かがいることになりますね。株を売って儲かった人は,株で損をした人を踏み台にしているのです。極端な言い方をすれば,人の不幸を笑っているということにもなりかねません。

為替の場合はもっとゼロサムです。為替はただの通貨同士の交換レートにすぎません。短期で売買しようとすればするほど儲かる人と損する人が出てきてしまいます。FXで大もうけしたという人がよくいますが,その裏にはたくさんの損をした人が隠れているのです。(実際私の周りは損をしている人ばかりです汗。得した人は隠しているだけかもしれませんが。。)

上記のようなゼロサムゲームに参加したくないのであれば,長期でゆっくり,市場全体の成長に投資をすることです。もう人口も減る一方の日本だって,大きくマイナスだった年もありますが,わずかながらでもGDPはプラスで推移しています。

http://ecodb.net/country/JP/imf_growth.html

今後どうなるかはわかりませんが,少なくとも個別企業の株を売買するよりも日本全体に長期で投資しておけば大きく損をしてしまうことはないのではないでしょうか。

また,世界に目を向ければ東南アジア,中東,アフリカ,南アメリカなど,まだまだ成長余地のある国がたくさんあります。

いまの市場の乱高下に嫌気がさしてしまったならば,世界全体の成長に長期で投資をすることを考えてみてはいかがでしょうか。精神的にもものすごく楽になりますよ。

株や為替の弊害は,実際に金銭的に損をしてしまうことよりも,動きが気になってしまって他のことに集中できなくなってしまうことの方が大きいと思います。長期分散投資で,経済の成長とともにゆっくりお金を殖やし,さらに目の前の仕事にも精が出る。一石二鳥ですね。私もまだまだ初心者ですが,コツコツ焦らずゆったりどっしり構えて投資を楽しもうと思います。

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございます。

複利のような人生を。

 

« 次の記事 【Vol.199】9回裏ツーアウト満塁を喜んではいけない。

前の記事 » 【Vol.197】先義後利を意識しているか。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930