自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

【Vol.187】ペースを一度乱すと取り返すのはとても大変。

time 2013/05/28

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

体調を崩しているなか,徹夜で仕事をし,さらに睡眠不足が続き,,,と,最近生活リズムが崩れています。その結果,ブログの更新も後手後手になってしまい,また仕事も溜まり,睡眠時間が短くなり。。。という悪循環。これは非常にまずい状況です。まさに「負のスパイラル」にはまってしまっている状態ですね。

こうなってしまうと,抜け出すのがけっこう大変。いままでと同じようなペースだと,永遠に元の状態には戻れないので,多少無理をしてペースを上げる必要があります。そうすると,多少なりともペースを上げているので当然に疲れが出てきます。そのちょっとしたペースアップがじわじわと身体を蝕んでいきます。最終的に,元の状態に戻れたとしても,そのときにはかなり疲弊した状態であり,いつかはまた破綻してしまう可能性が高いのです。そうなるとまた冒頭に書いたような悪循環に逆戻り。同じことを何度も繰り返すことになってしまうでしょう。

マラソンのレースを見ていると,よくスタートの混戦のところや給水ポイントで,転んでしまっているランナーをみますよね。あれ,けっこう痛いと思うんです。膝をすりむいて痛いとかそういうレベルの話ではなく。なぜならまさに上記のような状況に陥ってしまうから。そもそもハイペースでの上位争いの中,少しでも遅れてしまうとそれを取り返すためには超ハイペースで追いつかなければなりません。身体に大きな負担がかかるのは自明です。精神的ショックも計り知れないはずです。自分もマラソンを走るのでよく分かりますが,自分の想定しているペースから遅れてしまっているときの焦りは半端ないです。まだまだ自分はヒヨっこということなのでしょうけど。

とにかく,負のスパイラルから抜け出すのは非常に大変であり,かなりの馬力を必要とするのです。

アベノミクスも,長い間デフレに陥っている日本を再生すべく,大胆な政策によって打開しようとしていますよね。相当な馬力を出しているはずなんです。ということは,いつか無理が来てしまう可能性が高い。ちょっと懸念しています。この短期的な株価の上昇に惑わされず,淡々とコツコツと投資を続けていきますよ。

で,投資の話はともかく,一度落ちてしまうと元の水準に戻すのは相当大変という話です。落ちてしまってからでは遅いので,落ちる前に落ちないような仕組みを作る必要があります。どんなに悪くても,どんなに忙しくても,一定以下にはならないように。毎日ブログを書くことは,その仕組みの1つだといえるでしょう。なんとしても毎日更新する!と決めていれば,どんな状況であってもなんとか時間をやりくりして書くはずです。

毎日やることを決めておくこと,これは非常に効果が高いと思います。得てして人間というものは流されやすい生き物ですから,毎日やることを意識的に決めておかないと流されるまま,自分の時間を持てないまま1日が過ぎていきます。毎日やることを決めておきそれを実行するということは,少なくともその間だけは他人の時間ではなく自分の時間を生きていることになります。毎日自分の時間を生きていれば,ある程度以上の水準を保つことができると思います。すべて他人時間になってしまうから,忙しかったりすると負けてしまう。

毎日意識的に自分時間を持つことで,ペースを崩さない,崩れても一定以下にはならないようにすること。意識しておきたいものです。

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございます。

複利のような人生を。

 

« 次の記事 【Vol.188】ウケるのはいつも失敗談。

前の記事 » 【Vol.186】超難関国家資格の試験問題も人間が作っている。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2013年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031